発達障害児への学習支援サポーターの資格。

発達障害児への学習を支援する資格として、発達障害学習支援サポーターがあります。
この資格は発達障害のある子供たちの学習支援で必要となる専門知識や納付を学ぶものです。
現在全国の小中学校に約70人余りの発達障害の疑いのある子供たちがいると推測されており、対策が求められています。
そして、それに対する専門知識を持った支援者が圧倒的に不足しているとされ、その人材育成が急務となっています。
また、資格取得することで個別的理解や専門知識を活用した学習支援の具体的実践的内容を身につけることができ、発達障害の理解も深めることができます。
そして、発達障害学習支援支援コーディネーターという上級の資格を目指すことも可能です。