発達障害児への学習支援

現在、発達障害を持つ子供たちに大きな目が向けられています。
知能に遅れはなくとも、ADHDや学習障害といった発達障害があるため、普通に勉強するのが難しい子供たちに学習支援を行う取り組みが進められています。
授業の理解を深めるためのサポートや、テスト時間の延長など、学校の授業内容を充分理解できるように、支援が組まれています。
支援体制は、学級担任と専門の先生がチームを組んで行います。
子供の精神状態や、理解度、発達などを細かく分析して、指導の進行態勢を整えます。
そして、発達障害の子供たちが、普通学級でも十分にやっていけるよう手厚い支援を行います。
このような体制で、落ちこぼれがなくなった学校も多く存在します。