学力差を埋めるために増えてきた学習支援

学習支援は、塾とは違います。
塾の主な目的は、学校の勉強を補うため、その他さらなる知識を得るために通う人も多く、中学受験や高校受験では欠かせない存在となっています。
しかし、学習支援は学校の勉強を補足すると言った目的が主であり、受験や高度な知識を得るために通うものではありません。
最近は、学力格差と呼ばれ親の収入の差がそのまま子供の学力に差をつけてしまう傾向が見られるようになりました。
つまり、自身で学びの場を作っていかなければ、なかなか差を埋めることが難しくなってきたのです。
そこで、塾に通うことが難しい家庭や、学校の授業だけでは理解できない子供のために学習支援と言って、学校の授業を補足してくれるところが増えてきました。