発達障害児のための学習支援について

発達障害とは、脳の機能障害により発達に何らかの障害が起こるもので、ADHDやLD、高機能自閉症やアスペルガー症候群などさまざまな症状のものがあります。
こうした障害をかかえた子供は、健常児と同じ進度で学習を進めることが難しいので、個別に学習支援を受ける必要があります。
学校においては、特別支援学級に所属するか、通常学級に所属して支援員を配置してもらったり、週に何時間か通級に通ったりする方法が取られています。
こうした個別的な学習支援を受けることによって、発達障害をかかえた子供はその子の特性に合わせた教育を受けることができます。
発達障害の症状はそれぞれの子供によってさまざまに異なりますので、個別的な支援は必要不可欠となります。

初心者大歓迎の音楽教室

東京で音楽を始めよう
プロによるレッスン体験してみませんか?

自閉症やADHDでお悩みではありませんか?

https://hoiku.bb-career.com/

最新記事

  • 発達障害児への学習を支援する資格として、発達障害学習支援サポーターがあります。
    この資格は発達 …

    詳細はコチラ!

  • わが子の、進学に向けた学習支援について真剣に考えてみます。
    これから、大人になって、一人で生活 …

    詳細はコチラ!

  • 現在、発達障害を持つ子供たちに大きな目が向けられています。
    知能に遅れはなくとも、ADHDや学 …

    詳細はコチラ!